FC2ブログ

    みつばちの里 Honeybee Keeper

    『ニホンミツバチ』『里山の自然』についての情報源

    2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月

    | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    ☆はちみつ大根シロップ

    のどの痛み、のどがすっきりしないときに!
    ☆作り方
    1.大根を1cmくらいの角切りにします
    2.ビンやカップまたは小さめの容器に角切りにした大根を8分目くらい入れます
    3.大根を入れた容器にはちみつを大根がひたるくらい入れます
    4.冷蔵庫に入れ一晩くらいで出来上がり
    シロップをそのままお飲みください。
    子供のころから、のどが痛いといえばこれでした。
    スポンサーサイト



    | はちみつレシピ | 22:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    2月23日 産卵確認!

    本日の天気は荒れ模様。全国で春一番が吹き荒れました。

    晴れ間をぬうように、きな粉と蜂蜜を練り合わせた餌を与えてきました。
    巣箱の中では産卵・育児が始まっていて、新しい働き蜂の誕生もまもなくです。 

    きな粉きな粉2
    ↑本来はトレーをうつぶせておきます↑きな粉をかじる働き蜂 
    幼虫と卵
    ↑幼虫と卵が確認できます

     

    | 旧養蜂日記(セイヨウミツバチ) | 22:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    ナノハナ (2月)

    早春に咲き乱れる菜の花畑は、ミツバチたちにとって一番ののご馳走です。
    ナノハナの他、ダイコンやハクサイ、キャベツ、ブロッコリーなども早春の蜜源としてとても貴重です。

    ナノハナへ訪花ナノハナ
    ナノハナ 
    2月23日

    暖かい地方ではナノハナのハチミツが取れます。
    ナノハナのはちみつはあまり色や匂いがなく、すっきりした味わいです。
    他のはちみつよりブドウ糖が多く、結晶しやすい性質があります。



    | 里山の自然 | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    2月10日 冬越し一段落

    ほぼ1月ぶりに蜂場の点検に行ってきました。
    昨日の雪がまだ残っていて、さすがに外に出ている蜂はいません。

    いくつか箱を開けて点検・・・蜜も十分にあり、群勢も良好、女王も健在でした。
    女王蜂08/02/10
    ↑女王蜂(中央)

    冬越しも一段落といっていいでしょう。

    そろそろ、産卵促進のため、代用花粉のきな粉を与えてもよさそうです。

    | 旧養蜂日記(セイヨウミツバチ) | 10:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    女王蜂の秘密

    女王蜂の幼虫は王台(おうだい)と呼ばれる特別な巣房で育てられます。
    そして、ローヤルゼリーだけを与えられ2~3週間で成虫になります。

    女王蜂
    女王蜂(中央)

    交尾が終了した女王蜂はほぼローヤルゼリーだけを食べて、一生卵を産み続けます。
    1日に産むことのできる卵の数は多いときで2000個にもなります。

    ところで、女王蜂と働き蜂は卵のときはまったく同じということをご存知でしょうか?

    ためしに、働き蜂の巣房に産み付けられた卵からかえったばかりの幼虫を王台に移し変えると、その幼虫はやがて女王蜂になります。

    女王蜂になるか、働き蜂になるかは幼虫のときの餌に大きな違いがあります。
    ローヤルゼリーだけを与えられた幼虫は女王蜂になり、
    ローヤルゼリーと蜂蜜を与えられた幼虫は働き蜂になります。

    また、突然女王が死んでしまった場合などは働き蜂の幼虫や卵の入っている巣房を急きょ王台に作り変えるといった現象が見られます。
    このときに作られる王台のことを変成王台といいます。

    | ミツバチ・はちみつのお話 | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT | NEXT