FC2ブログ

    みつばちの里 Honeybee Keeper

    『ニホンミツバチ』『里山の自然』についての情報源

    2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

    | PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    8月28日

    8月3日にアピスタンを入れてから5日が経ちましたが、
    ダニの勢いが止まらず、内1群は消滅寸前です・・・
    残念ですが対処が遅すぎたのかもしれません・・・
    ジャスミンの乾燥花を用いたダニ駆除の実験の結果をまとめておきます
    期間:8月3日~20日(17日間)
    用法・用量:ジャスミンの乾燥花を不織布のティーバッグに入れて使用。量は1箱(段)につき5g。
    結果:
    1)巣箱内、底にダニの死骸は特に多くみられませんでした。
    2)ダニの減少はありませんでした。
    3)バロア病を抑える効果は認められませんでした。
    4)以上の結果より、今回の実験ではジャスミンのダニに対する効果は認められませんでした。
    期待された効果が認められなかった理由として考えられる点
    1)期間が短すぎた
    2)使用量が少なかった
    3)使用法に問題があった
    4)使用したジャスミンの乾燥花に問題があった(鮮度、種類など)
    今回の一連のダニ駆除の実験はこれで終わりです。
    ジャスミンについてはネットの書込み等で成功例もあるようですが、
    残念ながら私の場合、今後、採用できるような結果が得られませんでした。
    蟻酸については使用法を工夫し機会があれば、いつかまた実験をしたいと思います。

    スポンサーサイト



    | 旧養蜂日記(セイヨウミツバチ) | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    8月20日

    実験中の群でバロア病がおさまる気配がなく、蜂の数も激減していました。
    ダニの数も相変わらずです。
    本来ならば、もうしばらく様子を見て効果があるかどうか確かめるべきなのですが、
    このままでは群が消滅しかねません。やむなく、実験中の全群にアピスタンを使用しました。
    実験はこれをもって中止にします。
    ただ、2群にはアピスタンとジャスミンの乾燥花を併用し様子を観察したいと思います。

    | 旧養蜂日記(セイヨウミツバチ) | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    8月11日

    立秋をむかえたとはいえ、残暑の厳しい日が続きます。
    8月にコメントをいただいた皆様、ありがとうございます。
    これを励みにまだまだがんばろうと思います (^-^*)

    ジャスミンの乾燥花を使ったミツバチヘギイタダニ駆除の実験より1週間がたちました。
    ジャスミンを使用した巣箱ではダニが確認され、バロア病による奇形蜂も見られました。
    一方、ジャスミンとアピスタンを併用している巣箱でも同様にダニと奇形蜂が確認されました。
    まだ、どちらの方も確実な効果は出ていないようです。
    もうしばらくこのまま経過を観察したいと思います。

    | 旧養蜂日記(セイヨウミツバチ) | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    8月3日

    蜜源の少ない夏のこの時期は蜂の増加も頭打ちです。
    春にとっておいた食用に向かない蜂蜜と蜂蜜で練ったきな粉を給餌しました。
    さてダニ駆除の実験2週間目の報告・・・
    ジャスミンとラベンダーを使用した巣箱ではバロア病による奇形や死蜂が目立ち、
    巣門の前にはたくさんの死蜂や弱った奇形の蜂が見られました。
    巣箱のなかにもたくさんのダニが見られ、巣房の中で羽化できずに死んでいるものも見られました。
    一方、蟻酸を使用した巣箱では巣門の前に死蜂や奇形の蜂は見られず、
    巣箱内ではある程度のダニが確認されましたが、巣房の中で死んでいるものは見られませんでした。
    また、奇形の蜂もかなり少ないようでした。
    以上のことから、蟻酸の使用はふたをされた蜂児にも有効であるようです。しかし、今回行った方法で週一度の蟻酸の使用では、ダニは根絶できず、使用方法や使用回数を変える必要がありそうです。
    ジャスミンオイルとラベンダーオイルの使用は一時的な忌避効果はあったのかもしれませんが、
    ダニの数を劇的に減らしたり、バロア病の発生を抑える効果は確認できませんでした。
    ジャスミンオイルとラベンダーオイルを使用した巣箱は、被害がひどいため、ダニ駆除剤:アピスタンを使用しました。
    ジャスミンについては以下にあげる違う方法を試していこうと思います。
    ジャスミンの花(乾燥)を1箱につき5gの割合で不織布の袋(茶こし袋)に入れ、巣枠の上に置く
    ジャスミンのみの巣箱、ジャスミンとアピスタンを併用した巣箱を対照として本日(8/3)より実験を開始しました。

    | 旧養蜂日記(セイヨウミツバチ) | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |