FC2ブログ

    みつばちの里 Honeybee Keeper

    『ニホンミツバチ』『里山の自然』についての情報源

    2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

    | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    ☆ゆずりんご

    おいしくなくなったりんごでもOK!
    ☆つくり方
    1.りんご1個の芯を取り、食べやすい大きさに切り、スライスします。
    2.ゆず1個の種をとってこまかく切ります。果汁も使います。
    3.りんごとゆず、はちみつ大さじ1をよく混ぜます。
    4.しばらく冷蔵庫で冷やしてできあがり!!
    りんごの皮が気になる人はむいちゃって下さい。
    残ったシロップはお湯をいれてホットゆずりんご、または紅茶にいれてもおいしいです!
    スポンサーサイト



    | はちみつレシピ | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    ☆ホットはちみつみかん

    風邪の季節・・・
    ビタミンCをおいしくとりましょう!
    ☆つくり方
    1.みかん1個の皮をむきフサに分け、カップに入れ、よーく潰します
    2.はちみつ小さじ1~2を加えます
    3.熱湯をそそぎよくかき混ぜて、できあがり!
    みかんはミキサーにかけたり、果汁だけをこして利用してもいいですね
    もったいないので、私はフサの皮まで全部いただきますが・・・

    | はちみつレシピ | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    ミツバチすいとり君

    吸い込み式ミツバチ捕獲器、名づけて『ミツバチすいとり君』のご紹介です!
    これさえ使えば、楽にどんどんミツバチを捕まえられます。
    ざるの底全体に吸引力が分散されますので、吸い込んだ後のミツバチへの負担がとても軽くなります。

    材料はホームセンターなどで手に入ります。
    1.洗濯機用のジャバラホース
    2.密閉できる容器(漬物だる?)
    3.ざる(2.の容器の内側の途中でつっかえるサイズ)
    4.掃除機
    5.ジッパー付洗濯ネット(100均で購入)
    ※2.の容器のフタとたるは写真を参考に穴を開けてください。
    部品

    下の写真を参考にざるとホースをセット!
    写真にはありませんが、ホースの青い所に洗濯ネットを取り付けます。
    組立

    掃除機をセット!
    適当にすき間のできないように部品の接続部をガムテープなどで目張りしてもいいです。
    完成

    説明するまでもありませんが、掃除機のスイッチを入れてどんどんハチを吸い込んでください。
    洗濯ネットにハチがたまりますので、洗濯ネットを取り外し、
    あらかじめ用意しておいた巣箱などに移し変えます。
    大きな群を捕らえるときは、洗濯ネットを複数用意しましょう。
    ※捕獲した群を定着させたいときは、巣箱に蜂児や卵のついた巣板を取り付け、
    捕獲地から2km以上離れた場所に運び、ミツバチが落ち着いてから巣門を開けましょう。

    | ニホンミツバチ養蜂記 | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    神社の営巣群

    神社の巣門
    古い写真を整理していたらこんなのがありました。
    2004年の4月に駆除の依頼があった神社の床下の営巣群です。
    なぜだかニホンミツバチは神社や地蔵堂、墓石の下なんかに巣をよく作ります。
    神様をおまつりしている場所だけに、なるべくならそっとしておいてあげたいのですが、
    そうもいかないようで…

    神社床下
    かなり大きな群で、はちみつも3kgぐらいはとれたと思います。
    はちみつはビンに詰めて、依頼主にさしあげたりしています。
    このときに発明したのが、『ミツバチすいとり君』です。
    すいとり君を使えば、ミツバチを大量にすばやく、そしてやさしく捕獲することができます。
    ※すいとり君については、また、別の記事で詳しく述べましょう…⇒『すいとり君』へGO

    | ニホンミツバチ養蜂記 | 21:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    1月10日 越冬は順調なり

    さて、新年明けて、初の点検です。
    巣箱に耳を当て、ノックするとザワザワ・・・とハチの翅音。
    ほどなくして、斥候のハチが頭に飛んできました!
    アブナイ、アブナイ!冬のハチの気が荒いこと!
    別の群ではすでにせっせと黄色やオレンジ、白色の花粉を運び込む様子も見られました。
    おそらく、すでに産卵も始まっていることでしょう。
     花粉
    近くに咲いていたのはナズナ、サザンカ、ナノハナ(?)など
    ナノハナ?

    | ニホンミツバチ養蜂記 | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT | NEXT