FC2ブログ

    みつばちの里 Honeybee Keeper

    『ニホンミツバチ』『里山の自然』についての情報源

    2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

    | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    6月28日 蜂児捨て

    新たに分蜂群がご入居!!
    目撃者の証言によれば、6月4日に竜巻のような蜂の群れが飛んでいたらしい。見たかったなぁ!
    ご入居!

    とよろこんだのもつかの間…
    巣門前にやたらに蜂児(幼虫やサナギ)が捨てられている。見るかぎりはサナギの状態のものばかりのよう。
    どうやら「蜂児捨て」とか「蜂子出し」とよばれている現象らしい…
    原因は病気になった蜂児を捨てているのだとか、貯蜜のためのスペース確保だとか、寄生蜂に侵された蜂児を捨てているのだとか諸説あるらしいが、はっきりとした原因は特定されていない。
    短期間で治まる場合もあるが、長期にわたる場合には群の全滅もあるという。さらには蜂場全体に広がり蜂場が崩壊するケースもあるという恐ろしい現象らしい…
    対策としては巣箱の移動が有効ということらしい。
    短期間で治まることを願おう。
    蜂児捨て

    内検の様子
    上から
    内検

    下から
    内検

    蜂児と卵(画面右下)
    蜂児
    スポンサーサイト



    | ニホンミツバチ養蜂記 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    「エキウム」蜂蜜、甲子園短大が国内初の採集…兵庫

    新たな蜜源に期待 「西宮の特産品に」

     甲子園短大(兵庫県西宮市瓦林町)で今春から取り組む高山植物「エキウム」による蜂蜜作りで、12日、蜂蜜の採集が行われ、30キロの蜜が搾り出された。

     エキウムの蜂蜜は国内初といい、甘いのにすっきりとした味わいで、色も澄んだ〈予想以上〉の出来に、関係者から称賛の声が上がった。

     土橋豊教授(園芸学)は2005年以降、同短大園芸実習場でエキウム・カンディカンス(高さ約2メートル)など数種類のエキウムを栽培しており、花を付けた07年頃に、蜂が周囲を飛ぶのを見て蜂蜜作りを発案。エキウム・カンディカンスの近くに今年4月、西洋蜜蜂4万匹が入った巣箱9箱を置いた。

     5月末に試験採集したところ、出来は上々だったといい、この日の本格採集では養蜂家らの協力を得て、巣箱から巣枠を取り出して機械で蜜を分離した。糖度は83%と高く、試験採集分を使ったロールケーキを試食した来場者は「すっとした舌触り」「後味がいい」などと感想を寄せた。

     すべての巣箱の蜂蜜を搾ると約100キロにもなる。エキウムの開花時期が長いことから「新たな蜜源になる」と期待する声も上がった。蜂蜜は研究などに使うほか、10月の大学祭で販売する予定。土橋教授は「年月をかけて栽培したものが形になって、とてもうれしい。将来、エキウムの蜂蜜が西宮の特産品になってほしい」と話した。
    (2010年6月13日 読売新聞)

    | ミツバチ・はちみつのお話 | 23:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    クロバナエンジュ(6月)

    別名イタチハギ。北米南部原産のマメ科の植物。のり面や土手などの砂防用に植樹される。生命力、繁殖力が強く野生化したものが在来種をおびやかす存在となっている。(要注意外来生物、被害危惧種)
    クロバナエンジュ
    2010/6/6
    ミツバチがたくさん訪れていた。オレンジ色の花粉塊がよく目立つ。

    クロバナエンジュ
    2010/6/6

    クロバナエンジュ
    2010/6/6

    | 里山の自然 | 00:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    ミカン (5月)

    ミカンは最も日本人が好む果物のひとつではないでしょうか?「コタツにミカン」なんて日本の冬を象徴するような組み合わせですね。受粉のついでに蜂蜜まで採れてしまうという樹種は意外と少ないようですが、ミカンは蜜源としても有力です。
    ミカン
    2010/5/31

    | 里山の自然 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    トチノキ (5月)

    山間部では特に有力な蜜源のひとつです。秋には栗によく似た栃の実が採れます。トチ餅も美味ですね!
    ちなみに斎藤隆介氏の『モチモチの木』にでてくる木はトチノキのことだそうです。
    トチノキ
    2010/5/27

    トチの実
    トチの実
    2010/9/21

    | 里山の自然 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT | NEXT