FC2ブログ

    みつばちの里 Honeybee Keeper

    『ニホンミツバチ』『里山の自然』についての情報源

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    「エキウム」蜂蜜、甲子園短大が国内初の採集…兵庫

    新たな蜜源に期待 「西宮の特産品に」

     甲子園短大(兵庫県西宮市瓦林町)で今春から取り組む高山植物「エキウム」による蜂蜜作りで、12日、蜂蜜の採集が行われ、30キロの蜜が搾り出された。

     エキウムの蜂蜜は国内初といい、甘いのにすっきりとした味わいで、色も澄んだ〈予想以上〉の出来に、関係者から称賛の声が上がった。

     土橋豊教授(園芸学)は2005年以降、同短大園芸実習場でエキウム・カンディカンス(高さ約2メートル)など数種類のエキウムを栽培しており、花を付けた07年頃に、蜂が周囲を飛ぶのを見て蜂蜜作りを発案。エキウム・カンディカンスの近くに今年4月、西洋蜜蜂4万匹が入った巣箱9箱を置いた。

     5月末に試験採集したところ、出来は上々だったといい、この日の本格採集では養蜂家らの協力を得て、巣箱から巣枠を取り出して機械で蜜を分離した。糖度は83%と高く、試験採集分を使ったロールケーキを試食した来場者は「すっとした舌触り」「後味がいい」などと感想を寄せた。

     すべての巣箱の蜂蜜を搾ると約100キロにもなる。エキウムの開花時期が長いことから「新たな蜜源になる」と期待する声も上がった。蜂蜜は研究などに使うほか、10月の大学祭で販売する予定。土橋教授は「年月をかけて栽培したものが形になって、とてもうれしい。将来、エキウムの蜂蜜が西宮の特産品になってほしい」と話した。
    (2010年6月13日 読売新聞)

    | ミツバチ・はちみつのお話 | 23:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://014hatimitu.blog10.fc2.com/tb.php/119-37441bb8

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT